経営コンサルタント 大阪

なら中小企業が中心のソフトリンクにお任せ下さい!

経営コンサルティング 株式会社ソフトリンク お問合せ先
社長ブログ
ビジネスパートナー募集
採用情報

経営コンサル志望者は必見!
多様なタイプの人材を
求めています!

株式会社 近畿エコスト

会社概要

社是

わるすべての会社と人を幸せに

ビジョン

関わった人を幸せにする

関わった人を喜ばせられる

関わった人をワクワクさせられる

ユーモアあふれるコミュニケーション力をつけ

会うことを楽しんでもらえる会社を目指そう

▲ページトップへ


行動指針

①人を喜ばせられる

②人に好かれる

③いつもニコニコしていられる

④幸せに気づける人になる

⑤笑いの中から良いアイディアを生み出せる

⑥関わってくれた会社には必ず恩返しをする

⑦いっぱいいっぱい冒険する

⑧良い失敗をたくさんし良い思い出をつくる

⑨ツイてる人になりまわりをツカせられる

⑩楽しみ儲けられる

▲ページトップへ


会社概要

会社名 株式会社 ソフトリンク
所在地 〒541-0041
大阪府大阪市中央区北浜3-5-19
淀屋橋ホワイトビル308(三島公認会計事務所内)
連絡先 TEL : 06-6204-1627
MAIL all@sl-consulting.co.jp
URL http://www.sl-consulting.co.jp/
事業内容 経営コンサルティング
グループ会社 株式会社 近畿エコスト(節水・省電などの省エネ・省コスト事業)
アクセスマップ

▲ページトップへ


社長プロフィール

三島 唯資 三島 唯資(Mishima Yukiyoshi)

略歴

京都大学工学部工業化学科を卒業。
実家が公認会計士事務所。
研究職にまったく興味が持てず、経営現場に携わりたいとの強い思いから、
㈱船井総合研究所に入社。
様々な業種の経営コンサルティングに従事する。


  • BtoB(対法人ビジネス)事業の顧客開拓支援
    主に物流・製造業
    またメーカー支援として代理店開発・販売店獲得支援を行う。
  • 環境ビジネス事業の活性化・異業種からの新規参入支援
    関連会社 (株)近畿エコストを経営
  • BtoC(対一般消費者ビジネス)のマーケティング支援
    住宅リフォーム会社、太陽光発電販売会社、教育産業、会計事務所、
    宿泊・レジャー産業などの業績UPに貢献。

幾多の現場や会社を支援する中で、社長業を知らないサラリーマンコンサルタントの限界を感じる。

H19年4月省エネ機器販売会社
株式会社近畿エコスト設立。
節水・節電・DM発送費削減などを扱う。
販売会社を経営する中で、人、もの、金のリアルな危機を体験。

その体験をコンサルティングに活かす。 そして、

H20年1月7日
株式会社ソフトリンク(経営コンサルタント業務)を設立。
代表取締役就任

プレゼン資料作成・同行営業など現場に密着した経営コンサルティングを展開する。
インターネットとリアル媒体を融合させた独自マーケティングモデルを構築。

業績UPは本当に大切だが、儲かりゃなんでもアリ!では会社は絶対に存続しない。
人と会社のつながりを大切にする経営やコンサルティングをテーマに、、、

現在様々な企業の業績UPのため全国を日々巡礼中。

▲ページトップへ


経営コンサルティングに掛ける想い

経営コンサルタントは様々な面で大変だが、経営の根幹に携われるということでとてもやりがいのある
仕事だ。
しかし、経営コンサルタント本人もそうだし、アドバイスをもらっている人も勘違いしがちだが、

経営コンサルタントは経営者ではない。

あくまで、経営者の経営参謀であって、自分が決断を下すのではない。
最後の決定は経営者が下すものだ。

経営者が判断を下しやすいように、こうすべきだ!という提案をする。


その案が正しいかどうかは情報・知識・知恵・経験をフルに使い検証する。
だから、コンサルタントはあらゆる情報に精通しなければならない。
現場での経験や情報が入るネットワークが必要だし、
時流を見極める力、書籍・雑誌・インターネットからの情報も必要だ。


時には自分の知識・経験だけでは対応できないケースもある。
そのような時専門家(プロフェッショナル)のネットワークも必要不可欠だ。
それがソフトリンクの名前の由来でもあるし、弊社の大きな強みの1つだと思う。


もう一つの強みは、とことん現場に付き合うことだ。
弊社お付き合い先が顧客獲得のため必要となる資料づくりも手伝うが、何よりその資料を持って
一緒に同行営業を行う。

そういった現場をたくさん踏んだ経験がプレゼン資料づくりや企画書づくりのノウハウの蓄積となっている。
また、現場感覚を日々磨いている。
弊社は、泥臭い現場からのノウハウ蓄積をこれからもたくさん行っていきたい。


私は、職業柄いろんなコンサルタントや専門職の方にあってきたが、
自分で対応できないこともできると言ってしまいがちだ。

このようなことをプロフェッショナルは絶対にしない。

プロフェッショナルとは、他人(他社)が出来ない抜きん出たことを一つ持ち、
他人が出来ることを人並みにこなせる、もしくはこなし方が分かる人だと思う。

だから、私は出来る限りいろんなケースに対応できるようになりたいと思っているが、
できないことはプロフェッショナルに任せるようにしている。

税務のことは会計士に、法律のことは弁護士に、ホームページデザインのことはWEBプログラマーに
といったように、様々な業種のプロフェッショナルと密にコニュニケーションを取っている。


経営コンサルタントはこれといった資格が必要な職業ではないので、誰もが名乗ることができる。
そのため 皆さんは、本当のプロフェッショナルな経営コンサルタントを見抜く必要 がある。

本当のプロフェッショナルな経営コンサルタントとお付き合いいただきたいと思う。
そして、上手く経営コンサルタントを使ってもらいたいと願う。


こんなことをえらそうに書いているが、私もまだまだ本物のプロフェッショナルには程遠いかもしれない。
しかしながら、様々な業種のプロフェッショナルな方とネットワークを築き、その方々やクライアントと一緒にプロフェッショナルに近づくよう努力している。

▲ページトップへ


三島という人間

私の経歴にあるように、理系出身ではあるが、研究職よりも現場の最前線の方が好きな性格だ。
だから、同行営業や営業会議など言い方は悪いがドロドロした現場が好きである。
その現場の中で、まだまだ未熟な若輩ものではあるがたくさんの失敗をしてきたと思う。


私が成長を感じた経験がいくつかあるが、その転機として

  • 正直それまで自惚れていた自分が人の弱みや痛みを知ったこと。
  • 失敗を認めずやり遂げれば成功になることを知ったこと。

このことは自分が経営をするようになって改めて実感している。


会社員時代には、

  • 社長に詐欺師と怒鳴られるような失敗をしたこと。
  • 経営者とケンカ(本気で言い合う)が出来るようになったこと。

経営現場の厳しさを理解でき、成長につながっていると感じる。

そして、このような経験はすべて会社の経営や経営コンサルティングだけでなく、
プライベートも含めた人と人のコミュニケーションに活きていると思う。


私は、自分だけよければ良いという考えは嫌いだ。
関わる会社や人たちすべてが幸せになれるようなお手伝いがしたい。
そういう想いで経営コンサルティングに携わっていきたいし、そのようなお客様と繋がっていきたい。



お問合せ先

▲ページトップへ